のぞみ係長の鉄道手帳

日々の出来事を中心にした管理人の気ままな鉄道記録です…

2013年12月

近江鉄道 元西武N101系295Fを見る ⑦【 N100形デビュー 】

前回のN100形撮影の続きです。 雨がかなり強く降ってきたので室内見学にしました。
室内は傘の水滴で床が汚れるのか、従業員さんが盛んにモップで拭いておりました。
室内の雰囲気は、空間が多くなったものの西武時代の面影を多く残していました。

DSC_4258_1031223
車両両端は座席が撤去されています。 今回900形のようにクロスシートは設置されず、
ロングシートがそのまま残っています。 広告がまだ吊られてないこともあり広く見えます。
床と化粧版が張り替えられて明るい雰囲気になりました。 左に整理券発行機を設置。
車両の後方部には900形と同様に吊革がありません。 ちょっと違和感…。 
一部で蛍光灯が間引きされていました。 節電対策ですかね。 吊革は白いままです。

DSC_4245_1031223
ドア部は黄色のシールが貼られています。 手すりも900形のような手塗ではなく
吹付塗装のきれいな仕上がりでした。 べとつきもありません。 いいね。
自転車置き場の化粧版も、新たに貼られたもの。

DSC_4251_1031223
運転室後ろに運賃箱があります。 左上に運賃表示機モニタ画面があります。
行先も表示できるようでした。 天井にはカメラも設置?

DSC_4253_1031223
運賃箱監視用のカメラでしょうか? 埋め込むか、カバーで覆った方がいいのでは…?
何となくいたずらされそう…。

DSC_4254_1031223
295Fは昭和54年 東急車両の生まれ。 プレートはリベットを取って再度貼付けられています。
ここまでするなら車号もシールでなくプレートにしてほしかった…。

DSC_4259_1031223
ブレーキも西武時代のまま。 雰囲気がN101系のままなのでいい。 電連用はレバーは撤去。
新たに追加されたスイッチ類がコンパクトにまとめられている感じです。
電磁直通制御は、やっぱり感覚が電気指令式とは違うんですかね。

来年、走行写真が撮れましたら又アップさせて頂きます。 現在改造中の285Fも気になります。

[ 近江鉄道 彦根駅 ]

 

三岐鉄道散策 - No.51  【 雪雲 】

三岐鉄道を久しぶりに見に行きました。 北勢線は一ヶ月ぶりです。
藤原岳も雪を被り、関ヶ原方向からくる風が非常に冷たく感じます。
そしてそちらの天候は、雪雲らしき黒い雲もここから見えます。
寒い雰囲気が写真からお伝えできれば…。

DSC_4316_1031223
旧三重交通復刻塗装車277F(202-101-201-277)がゆっくりとやってきました。
寒空に釣り掛けモーター音が木霊します。

( 三岐鉄道 北勢線 麻生田~楚原 )

近江鉄道 元西武N101系295Fを見る ⑥【 N100形デビュー 】

元西武N101系295Fが、新型車両100形として12月17日にデビューしました。
近江八幡で出発式があったようです。平日だった為、見に行けませんでしたが、
なんと週末に近江鉄道ミュージアムが特別開放され、車両見学会がありました。
(近江鉄道さんの粋な計らいに感謝!) あいにくの雨でしたが、ちび鉄を従えて
N100形を見に行きました。 

DSC_4275_1031222
N101系295F改め、N100形101Fってとこですかね。 なかなか、かっこよろしいね。
個人的には、ステンレスドアはこのように従来のままの無塗装の方が気に入ってます。
欲を言えば、フルカラーLEDだともっと良かったなぁ。 高望みか…。

KSC_1054_1031222
こちらは、米原方の1101車。 台車の上方に新たに引いたと思われる配管が見えます。
101車の方にもあったけど、結構目立ちますね。(黒く塗装すればいいのに…)

DSC_4293_1031222
乗務員室ドア後方に貼られたエンブレムシール。 900形と同じ手法ですね。

DSC_4264_1031222
湖風号(うみかぜごう)です。 102F登場時は、また名前変わるのかな?
ヘッドマークのデザインはいいと思います。 

DSC_4287_1031222
車号は900形と同じようにシールのようなもの。薄い色なので目立ちません。

パッと目流鉄5000系のようにも見えますが、車両イメージは良いのではないでしょうか。
同じ構内に900形がいましたが、100形の方が華やかで清潔感があるように感じます。
本線走行が始まったら、機会をみて撮影に行きたいと思います。
車内編は次回に掲載します。

[ 近江鉄道 彦根駅にて ]

愛知機関区を訪ねる - No.18  【 EF65-2121号機 】

昨日、愛知機関区の前を通ったらあまり見かけない機関車がいました。
最初は、EF64原型色と思ったのですが側面の雰囲気が違うことに気付きました。
よく見るとEF65-2121号機でした。 頻繁に来る車両ではないのでレアーな感じです。

DSCN1641_1031221
青プレで原型色の2121号機。 一昨日新鶴見から無動力回送されてきました。 
一日愛知機関区で休憩後、浜松西に向かい東京メトロ1000系の甲種輸送を担当したようです。 

[ 愛知機関区にて ]

愛知機関区を訪ねる - No.17  【 ナンバープレート 】

最近、確率良く休憩中の27号機に遭遇します。
平日は仕事途中で愛知機関区付近を通ると、おっ!今日は来てたのか? って感じで…。
陸橋下に停車中。 車にあったコンデジで一枚撮影しました。 いいね。EF66-27号機。

DSCN1634_1031218
EF66-27号機です。 ナンバープレートは、汚れと傷だらけ…。 塗装も色褪せています。
手前のEF64-1046号機のようにピカピカにしてあげたいね。

[ 愛知機関区にて ]

月別アーカイブ
【お知らせ】
コメントやトラックバックに関しまして、当方が不適切としたものは当方の権限にて削除させて頂く場合があります。 ご了承下さい。
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ