仕事で四日市に所用があったので、帰りに少し鉄活してきました。
先日施設区に移されたモハ238及びデキ200二両は、既に解体され跡形もありませんでした。
但し、クハ1238は検修庫の外に出され、久しぶりに正面を見ることができました。

DSC_1946_1030330
801系が二編成並んで留置。 検修庫奥にED459とクハ1238が見えます。

踏切から施設区を見ると…。

DSC_1947_1030330
モハ238もデキ200もいません。 解体されてしまいました。

一方、北側に検修庫は…。

DSC_1949_1030330
クハ1238が外に出ていました。 ステンレスドアが新品に見えます。
分かりにくいですが、FS台車に伊勢治田留置時は撤去されていた部品が再び
取付けられています。 ブレーキシリンダが確認できます。 クハ1238復活?  だといいな。          

[ 三岐鉄道三岐線 保々 ]