本日、全国的にも有名な国府宮はだか祭がありました。愛知県稲沢市の通称国府宮神社
(尾張大国霊神社)で行われる祭りで、正式には儺追(なおい)神事と呼ばれています。
サラシの褌に白足袋の裸男たちが、数十人でなおい笹を担ぎ境内へ向かい奉納します。
クライマックスは神男に触れる為に、裸男たちが揉み合いになるところは祭りの見所です。
さて、いつも車の往来がある稲沢陸橋は、裸男たちが通る為交通規制がされていました。
そんな陸橋の下で休んでいたのが27号機です。何百人の裸男たちが上を通ったので、
きっと厄除けになったのでは…。故障などせず、一日も長く活躍してほしいものです。

BlogPaint0597
写真では見辛いですが、陸橋の上には国府宮神社に向かう裸男たちが見えます。
雨の中、「ワッショイ、ワッショイ」と威勢の良い掛け声がここまで聞こえてきます。
27号機も力を貰ったのでは…。
[ 愛知機関区にて ]