高宮の後、彦根駅に寄りました。
部品取り用として留置され続けている291F(クモハ291)を見てきました。
前回見た時より、状況は酷くなっていました。塗装割れはどんどん広がり、
前面もかなり剥がれていました。部品取りの為か左側運転席窓ガラスが外され
板で覆われていました。客室窓ガラスや床下の抵抗器も一つ外されています。
私が気付かないだけで、もっと細かい部品も外されているかも知れませんね。
朽ちていく姿は何とも言えない寂しさがあります。

BlogPaint0620
コンデジで撮った為、画像が悪いですが実物は酷いものでした。
尚、私が撮影し立ち去った後、近江鉄道の関係者の方?が前面部を洗ってくれたようです。
できれば、こいつ(クモハ291)も改造してあげて下さい。
[ 近江鉄道 彦根駅 ]