写真は351系です。西武では珍しいクモハ17m車で、3両編成を組んでいました。
といっても元々は20m車のサハ1411形組込んだ4両編成だったと思います。
この車両は形式改番や改称そして編成替えなどが何回かあり、その経緯に詳しく
ないので、ここでは割愛します。撮影時は既に中間2両を外し、3両編成化の為に
サハ1311形を1両組込んだ多摩湖線専用編成となっておりました。
当時の国分寺駅の有効長に対応する為、支線区に転用された訳です。
釣掛けモーター音を響かせながらの走行は今でも記憶に残っています。

BlogPaint0716
353Fです。修繕工事もされシールドビーム化、ベンチレーターもグローブ型になってます。
この路線は学生さんが多かったですね。
[ 西武鉄道 多摩湖線 青梅街道~萩山 ]