8月に見て以来、気になっていましたので、久しぶりに近江鉄道へ。
何と編成になって外に出ていました。編成番号は100形の続番で104Fでした。
下回りも一部種車の機器がそのままですが、台車を含め再塗装されています。
外観上で目を引くのは、側面運転席後ろの小窓が無くなったこと。のっぺりしてます。
モハにクハの運転席を取付けたことで接合部の小窓は廃止してしまったのでしょうか?
屋根上にも少し違いが見られますが、私のような素人では細かい点は分かりません。
もう試運転も終わったような感じです。数日後には営業運転に入ると思われます。

BlogPaint0965
台車、スカートはピカピカ。
ヨーダンパの車体側の支柱は塗られてません。このくらい塗ればいいのに。


BlogPaint0967
パンタ側車両。こうやって見ると少し違和感があるね。小窓あった方がいいなぁ。

BlogPaint0968
運転席内部は変わらないね。ブレーキハンドルは西武時代と同じ。
今度は走行時の写真を撮りに行きたいと思います。
[ 近江鉄道 彦根駅にて ]