さて、関ヶ原でEF66-27号機を撮影後、再度三岐沿線に戻ります。大安に行きました。
午前中、最後に西武カラーを撮影した時間より、そのまま運行していた場合の予測をします。
( 三岐鉄道の運行筋公開を知らなかった為、一生懸命考えてました。(笑) )
こういう時は運行本数が少ないと、ある程度予想が付きますね。時間の合う場所に移動です。
撮影場所に着いた時は誰もおりませんでしたが、通過時刻が近くなる数人の撮り鉄さんが…。
通過を確信して待っていると、ドンピシャで西武カラーが通過していきました。

BlogPaint1101
701系っぽくていいね。ただ残念なのはやはりクモハの台車かな。
電動車だから仕方がないのだけれど、やはり先頭車にウイングばね式のFS-342台車は違和感があります。
ダイレクトマウント式のFS-072(クハ車)のイメージがあるので、FS-372だったら良かったのになと思います。
ただ反対側のクハ車はFS-072なので、当時の面影通りに感じられます。黄色く塗られた電気連結器カバー
があれば、最高といったところかな。
[ 三岐鉄道 三岐線 大安~三里 ]