今回の掲載写真はGW中、それも5日に撮影したものです。
他の地方私鉄がリバイバル西武でアピールをする中、実子会社である近江鉄道はほぼ普段通り。
彦根駅のミュージアムは、臨時?で開館しておりましたが、特に目立ったイベントも無く入館者も疎らでした。
100形は103編成、102編成(HM付)の運用を確認しましたが、他の名物車両は彦根駅構内で昼寝中でした。
列車運用の兼ね合いもあるのでしょうが、何か利用者、ファンへのサービス精神が薄いと感じた次第であります。


BlogPaint1123
唯一のリバイバル西武車も日中パンタを下して昼寝です。

BlogPaint1124
ド派手なラッピング車も彦根駅構内に。奥にはイルカの姿も確認できます。

BlogPaint1125
ミュージアムには入れました。臨時開館なのか無料で入れました。
特にこどもの日イベントなるものはありませんでした。
GWは遠出をされる人が多いから、イベントしても人が集まらないという考えでしょうかね。
ガチャコン祭りで集客するので、あえて祭日にファンサービスは無いのでしょう。
GWだからこそ近江鉄道を遠方から見に来る人もいるのになぁ。
[ 近江鉄道 彦根駅 ]