この場所は、丁度広見線が土手の上(畑が段下)になっているので、すぐ真横を名鉄電車が
通り過ぎていきます。段下にいる為、警笛を鳴らされることもありません。線路際の植物の
成長が良いので、植物に邪魔をされる前に撮っておきたいものです。

BlogPaint1186
目の前のカーブを曲がっていきます。夏は陽炎でピントが合わせ難いかも。

BlogPaint1187
近くに踏切もあるので、列車が来る確認が容易です。
こういうアングルでの撮影も地面目線で変わってていいかも。
[ 名古屋鉄道 広見線 西可児~可児川 ]