1089レ運用にEF66-27号機が入りました。さてさて、どこで撮影するか…。
晴天だし、明るい内に大府周辺にするか、それとも日没ギリギリの関ヶ原にするか…。
休日でもあるので、後者にして撮影現場へ向かいます。同業者の方は5~6人でした。
夕日はきれいでしたが、太陽が西側の山並みに隠れるギリギリのタイミングで通過。
通過1分後には陰ってしまい、なかなかハラハラさせられる撮影となりました。(笑)

BlogPaint3156
夕日が陰ってなかったので、明るい状態で撮影ができました。

BlogPaint3157
こちらは5073レのEF210-303号機。
陰ってしまうとこんな感じになってしまいます。

BlogPaint3158
313系です。
手前まで引きたいのですが架線柱の影が入ってしまい、あかんですね。

BlogPaint3159
しらさぎが通過。
この場所は掘割区間でもあり、右側は土手で完全に陰になってしまいます。
架線柱の影を避けるには手前まで引く必要があるのですが、引いてしまうと
奥の車両が先頭車に隠れてしまいます。さてさて奥行か、陰無しか…と。
この位置からですと、やはり影は仕方がないかなということに。
[ 東海道本線 関ヶ原~柏原 ]