のぞみ係長の鉄道手帳

日々の出来事を中心にした管理人の気ままな鉄道記録です…

機関車・貨物

貨物列車の撮影から No.151 【 5282レ DF200-222号機 】

久しぶりに更新します。8月に入ってしまいましたが、7月ネタが多いので順次アップします。
5282レにDF200-222号機が入っていました。川重で改造を受けて最近愛知機関区にきた
機関車ですね。スノウプロウなど、まだピカピカでした。これで愛知に4両のDF…。
最終的には何両になるのでしょうね。DD51の運用もそろそろ見納めになってくる感じです。
着実に世代交代がやってきています。


BlogPaint1218
タキを従えてやってきたDF200-222号機。222号機は初撮影となりました。
[ 関西本線 永和 ~ 弥冨 ]

貨物列車の撮影から No.150 【 5071レ EF66-27号機 】

休日の5071レ運用にEF66-27号機が入っていたので撮影をしに出掛けました。
と言っても今日は近場で撮影です。(暑くて遠出する気になれませんでしたよ)
到着した時、学生さんが1人。27号機が通過する頃には数人集まっていました。
27号機もだいぶ色褪せましたね。それに細かい傷(剥げ)が目立ってきました。
(ところどころ修繕された跡も) 引くコンテナも、休日とあってかスカスカな状況でした。

BlogPaint1211
後ろがスカスカ。いいモーター音でした。

BlogPaint1213
こちらは、27号機の前に通過した5085レ。
EF210-109号機と次位はEF210-167号機。留置中の11号機と合わせ3機の桃太郎。
[ 東海道本線(貨物線) 清州~稲沢 ]

貨物列車の撮影から No.149 【 2089レ DD51-857号機 】

もともとDF200のA202仕業なのでしょうが、休日についてはDD51を撮る機会が多いです。
2089レはDF200の時もDD51の時も単機(重連ではない)で貨物を引張ってきます。
この日は、DD51-857号機でした。場所はいつものところですが、機関車メインで撮影。
DD51もあと何回撮れるかなと思いつつ、通り過ぎる車両を目で追います。

BlogPaint1188
電柱の間でちょっと窮屈ですが、DD51-857号機が向かってくる雰囲気は伝わるのでは…。
[ 関西本線 永和~弥冨 ]


愛知機関区の撮影から - No.56 【 EF64-1016号機 解体 】

EF64-1016号機も解体になりました。見た目はまだ全然走れそうな感じなのですが…。
2016年の暮れくらいに運用から外れ、その後は愛知機関区内で留置されていたと思います。
国鉄最後の直流電機機関車。2010年に高崎からこの稲沢にやってきましたが、愛知機関区
での活躍は、短い期間となりました。1次車の1016号機が解体された時期に、大宮工場より、
2次車である1023号機が全般検査後国鉄色で出場し愛知機関区に回送されたのは、何とも
因果な感じです。

BlogPaint1160
雨が降る早朝より解体が開始されました。屋根を外して機関車内の大きな機器を
撤去していきます。

BlogPaint1161
側面版と中の機器が撤去されました。

BlogPaint1162
運転室下部を切離していきます。

BlogPaint1163
運転室内部の配管類を切断している模様です。煙すごい。焦げ臭い匂い。

BlogPaint1164
運転室を吊上げでベース部と分離。

BlogPaint1165
空中遊泳。

BlogPaint1166
マスコンやブレーキに係る配管類。電気系統の配線も。

BlogPaint1167
運転席と助手席。少し高くなっているんですね。

BlogPaint1168
片側の運転室のみ残し、この日の解体は終了。
何かロクヨンがキヤ97のようになってしまいました。

BlogPaint1169
翌日作業継続。もう一方の運転室撤去後、ベース部の解体へ。

BlogPaint1170
ガッツリ切られた部分。ベース部は複雑な構造になってます。強度設計されてますな。

BlogPaint1171
最後に残った台車部の残骸。大粒の雨が降ってきて空も悲しそう。
台車はそのままトラックに積まれ、元の何もない解体線に戻りました。
[ 愛知機関区にて ]

愛知機関区の撮影から - No.55 【 DD51-1805号機 解体 】

こちらも現存するDD51の国鉄色カマ。それも1805機は、ラストナンバー機のようです。
2016年には、隅田川駅貨物フェスティバルに貸出されたこともあります。
1800番台は1号機から5号機までありますが、検査切れの関係とはいえ5号機のみが
離脱し、1号機から4号機までは現在でも運用についているのが妙な感じです。

BlogPaint1150
1805号機も前日と同様な方法で解体されます。エンジンカバーの取外しから開始。

BlogPaint1151
カバーを吊り上げていきます。

BlogPaint1152
エンジン部分が見えました。手際よく機器を焼き切っていきます。

BlogPaint1153
マフラー部の外し。

BlogPaint1154
エンジンが無くなると、軽い印象を受けます。

BlogPaint1155
上から見たところ。運転室内には機器が残っていますね。メータ類が見えます。

BlogPaint1158
ベースが外されました。北側にあったエンド。

BlogPaint1157
南側の台車が残ります。遠くに銀カマも見えます。

BlogPaint1156
線路上の台車は1805機のもの。砂利の上の台車は昨日の853号機のもの。

BlogPaint1159
ぽっつり一機となった1016号機。後日解体です。
[ 愛知機関区にて ]


最新記事
プロフィール
ブログパーツの提供は終了しました。
【お知らせ】
コメントやトラックバックに関しまして、当方が不適切としたものは当方の権限にて削除させて頂く場合があります。 ご了承下さい。
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ